臼奨弌琵概蛤

輝念了崔麼匈遍匈 > 窮辻縮殻 > 荷恬狼由 > WindowsXP > >

WindowsXPアクティベーション編(Windows再インストールなしにマ

栖坿::利大屁尖 | 恬宀:砿尖埀 | 云猟厮唹

Windowsの再インストールは極力避けようシリーズ2
−−Windowsの再インストールなしにマザーボード交換−−
WindowsXP 再アクティベーション編

このページはJavaScriptでブラウザを判定する仕様です。

2004/10/31 初版 2004/11/22  第1.2版
2004/12/03  第1.2.1版 2004/12/05  第1.2.5版
2004/12/06  第1.3版
(近日更新部青色

↑「Windowsの再インストールは極力避けようシリーズ1
 OS再インストール回避編」へ

楽してパーツ交換掲示板(Windows再インストール負担軽減化掲示板)」を提供しております。当サイトを御覧になって行ったOS再インストール無しのマザーボード交換実施報告や、その他のパーツ交換時の省力化に関する情報交換等に御利用下さい。

0■重要注意書き   

 当ページを見たことによって閲覧者が行う行動と、それに伴って発生するトラブルに対し、私・高崎は責任を負うことは一切出来ません。くれぐれも自己責任で行って下さい。

 当頁で述べている手法については理論的に確認したことではなく、あくまで経験則に基づいた記述が多いですので、他の環境もしくはほぼ同じと思われる環境でも同じ結果にならない可能性があります。

 いちいち面倒なので「だと思う」「可能性がある」などの言葉はつけない場合が多いですが、基本的にはそれらがつくものとしてお読み下さい。

 またマイクロソフトの提示するライセンス条件は遵守しましょう。当頁は使用者がライセンス規約を守っていることを前提にして述べられています。

 私の試した環境はOEM版XPが多かった為、パッケージ版と異なる可能性があります。そのことを御承知の上でお読み下さい。

1■ハードウェア変更時の再プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)とは?

 ソフトウェア会社も含めた情報産業が社会の中で拡大する中で、突き詰めれば知的所有権により飯を喰っている人が多くなり、その権利保護は確かに重要な問題となっている。

「マザーボード交換」と言うと大げさで面倒に聞こえるかもしれないが、パソコンのケースがATXであれば意外に簡単に実験できる。すなわち下の写真のように既存のマザーボードをつけたままケースを横に倒し、板を載せた上に別なマザーボードを載せ、後はケーブルを引っぱり出して繋げるだけでマザーボードの交換実験は出来てしまうことが多い(マザーボード上の配線が余計な場所でショートしたりしないように注意)。

WindowsXPアクティベーション編(Windows再インストールなしにマ

 「マイクロソフトの出発点であるOSソフト『MS-DOS』は違法コピーにより世界中に普及し、それ故にデファクトスタンダード(世界標準)になった」と皮肉られながらも、Microsoft Corporationは以前とは違ってこの問題を重視するようになり、WindowsXPはOSとしては初めて、違法コピー対策として「プロダクトアクティベーション」を導入した。
 その目的は一つのパッケージ(厳密には[唯一という意味で]ユニークなシリアル番号)のOSソフトを複数台のパソコンにインストールさせないことにある。

 その仕組みは簡単に言えば、OSがインストールされた時のハードウェア構成情報を、そのインストールされたシステム自体(パソコン内)とネット上を通じたマイクロソフトサイトに記録するようにし、その記録に基づいて複数台のパソコンへのインストールを防止するものである。その手続きの際に、ライセンス上、問題性のあるインストールでないことを確認するため「ライセンス認証」と呼ばれる手続きが要求される。

 ところがこのシステム導入の結果、決して違法コピーやカジュアルコピーが目的でないにも拘わらず、既にインストールされたOSが載っているハードウェアシステムに変更を加えた場合、「違法コピーを行った疑いあり」ということで再度「ライセンス認証」を求められる場合が発生することとなった。これが「再アクティベーション」と呼ばれるものである。

 これ以上のプロダクトアクティベーション情報はのサイトを参照してほしいが、ともかくもそういうわけで「パーツ交換」ではライセンス認証の問題が不可避になってきている。特にマザーボードを交換した場合には機器全体の構成が大きく変わるため、再アクティベーションが避けられないことが多い。よって私はこのページを書くことにした。
 この頁の目的は、パーツを取っ替え引っ替えする自作派ユーザがXPのプロダクトアクティベーションの負担を軽く出来るようにアドバイスすることにある。別な言葉で言い換えれば、プロダクトアクティベーションを要求するWindowsXPにおいても、マザーボードを代表とするパーツ交換実験をいろいろ楽しむことが出来るよう、アドバイスするページとも言える。

 ちなみに、まず私が言っておきたいのは、正規にマイクロソフトの商品を買ったのならばOEM版にせよ、パッケージ版にせよ、プロダクトアクティベーションは恐るるに足りないということだ。

2■アクティベーションにおける複数のパターンについて

 さて、アクティベーションと一口にいっても、マイクロソフトはその手続きにおいて、面倒さ、あるいはパターンと呼ぶべきものとして複数のもの(段階)を設けており、どのパターンになるかは状況によって随分異なる。

 よって、まずはアクティベーションに関してどのようなパターンがあるのかを述べる。

Aパターン.そもそもアクティベーションを要求されない場合。

Bパターン.アクティベーションを要求されるがインターネットを通じたアクティベートで問題なく終了する場合。
 ちなみにアクティベートの要求では3つのパターンがある。
 B-0パターン. 30日以内のアクティベーションを要求。
 B-1パターン. 3日以内のアクティベーションを要求。
 B-2パターン. ただちにアクティベートを行うことを要求。


蛍躓州 厚謹

犯茨堋響TOP

云巓TOP10

WindowsXP塰佩凋綜鹿助

WindowsXP塰佩凋綜鹿助

梓蝕兵塰佩,賜梓WIN囚+R壓〆塰佩〇完笥嶄補秘 (匯)械喘凋綜 Nslookup -------IP仇峽寥霞匂 gpedit.ms...